お疲れサーマント

黄巾族さん向けに書いています

mojiで文書く マンデー(5分前行動)

昨日は祖母の家に転がり込みました。

 

6月最後につき今月思ったこととかをうだうだ書いていきますYO

f:id:fi681825:20200629234119j:plain

 

[6月何があったっけ]

 

Twitterを初めて2か月ほど経ちますがなかなか慣れませんね。

 

意見の奔流は私の自我を飲み込もうとしながら

 

毎分毎秒更新されていきます。

 

特に、政治に対して物申すアカウントは恐ろしくて

 

そこから逃げるように野球の関連ワードをひたすら検索しました。

 

先人たちの教えなどはまるで憂慮のようで

 

野球は暖かいツイートばかりです。安心しました。

 

 

[祖母の家に行った事]

 

親戚一同が集まる時

 

祖母はいつも聞き役に徹したり、家事をしているので

 

一人で遊びに行く今日みたいな機会でないとなかなか話そうともしないのです。

 

親戚の話なんてのは中身のない近況報告合戦ですから

 

それをいつも切なく思っています。

 

私自身の興味もあって、祖母が経験した昭和や終戦の話を聞きたくなり

 

昨日は自転車でふらふらと祖母の家へ向かいました。

 

 

 

しかしーまあ

昨日、今日はいろいろな話をしてくれました。

 

主に、祖父の恐ろしい話ばかり。

 

宵越しの銭を持たないギャンブル好きな祖父との結婚生活の話とか

 

たばこが無くなっているのに激怒して夜中に祖母を買いに出させる祖父の話とか

 

娘の結婚式を途中で抜け出して競馬をしに行った祖父の話とか

 

会社を3つ経営しているお兄さんに半ば騙されて麹町から追い出された祖父の話とか

 

いや、小説かけそうやんけ

 

しゃかりき過ぎない?人生に

 

今までその話をしなかったことが不思議に思えるほど濃いエピソードばかりだったのですが

 

確かに孫に聞かせようと思う話ではないのかもしれません。

 

 

 

他にも祖母の妹の話が印象的でした。

 

妹にはBちゃんというニックネームがあって、今でもそう呼ばれているそうです。

 

6月生まれ、水無月から音をとって美那子さんです。

 

 

Bちゃんはね

 

美那子って いうんだほんとはね

 

だけど昭和20年、終戦間際に生まれて

 

B29が空を埋め尽くしているなか

 

ビービーと泣き止まないから

 

皆がBちゃんって呼ぶんだよ

 

間が悪いな、Bちゃん

 

 

 

衝撃的でしたね。

 

赤ちゃんのときのエピソードで一生渾名が決まるのは。

 

 

[なんでもない話]

 

二週間ほどまえ

 

我が家のベランダの一方をリラクゼーションルームへと改造し

 

といっても名ばかりの

 

アウトドアで使う椅子を二つ並べて、間にテーブルを置いただけの簡単なものなのです。

 

ですが部屋が一つ増えるというのは解放感と満足度が高く、入り浸ってしまい

 

いまもこうしてColemanの上でキーボードをかたかたさせています。

 

眠れないとき、外に出るスペースがあるというのも乙なものです。

 

 

ブログという形式で日記を書く、というのは

 

以前の私には考えられないほど黒歴史的行為なのですが

 

かつて持っていた常識や恥じらいを簡単にひしゃげてしまうのが、このベランダです。

 

 

今は風が強く、何に浸るでもない

 

エアー・コンディションなので捗りませんが

 

夜の風にあたるとか、星空を見上げるとか

 

そういう「酔った」ことをし得る空間は

 

人間の仄暗いナルシズムを更に助長させ

 

とうとうポエムを完成させてしまいます。

 

 

どうせ誰も見ていない体で書いているので

 

酔っぱらったときにでも、wordファイルを添付してしまいそうな恐怖と戦っています。

 

その日が来る前に

 

パンデミックで滅びてしまえばいいのに