お疲れサーマント

黄巾族さん向けに書いています

2020年7月21日火曜日

感染症対策の一環であらゆる施設には来客者用のアルコールスプレーが用意されている。

f:id:fi681825:20200721184222p:plain

 

 

しばしばアルコールの容器が空っぽになっていたり、噴射口が壊れていて

 

消毒の役目を果たせないものがあり、これは問題視される。

 

 

 

それらを空っぽのまま放置していると、それを糾弾する人が沸いてくる。(もちろん放置している店舗に非がある)

 

私はこういうむやみに攻撃的な人の方が嫌であるし、問題があると思う。

 

 

この手の輩は大体が熟年のどこか満たされていない婦人で(偏見です)

 

気弱そうなバイトの若者をとっ捕まえて長々と説教を始める

 

非常に獰猛な性格。

f:id:fi681825:20200721184220p:plain

 

「アルコールが出ないじゃないの!! 店に来る人は皆心配に思うわ!」などと

 

その店に来る全ての客の代弁者のように振る舞うのが常である。

 

 

 

例えば今日見かけた彼女は一種の正義感に駆られて行動をしていると見受けられ

 

客としての主張はおおよそ正しい。

 

感染リスクに配慮して、無くなったアルコールをなるたけ早く補充すべきなのは店として当然の対応である。

 

しかし、詳細な内容に聞き耳を立てていると

 

個人の振舞としてコロナ時代の自覚が足りないのでは?と思う部分が多々あり

f:id:fi681825:20200721184232p:plain

 

「私は棚に並んでいる商品を触るのも心配なのよ!」

 

「近くにはこのお店しかないから、毎日使うしかないの!」など

 

全てが通販を使えば解決するような内容で

 

実は気弱な若者相手に鬱憤を晴らしに来ているだけな気もする。

 

理由は様々なれど、集客力の無い店舗は淘汰されていくものだから

 

対応の悪さにわざわざ物申す必要は無いだろうし

 

アマゾンの使い方も知らなくてそんなことを吐かしているのであれば

 

おばさんはそのスマートフォンを早々に解約すればよい。

 

 

本当にコロナウイルスが恐ろしくてたまらないなら

 

自分でポケットタイプのアルコールスプレーを持ち歩くなり

 

こまめにレストルームに立ち寄って手を洗うなり

 

手袋を付けることを心掛ければいいから、用意されたアルコールに頼る必要もない。

 

私は感染症に敏感だ!

 

と声高々に主張する人ほど全く気を配っておらず、

 

鈍感通り越してそもそも発想に無いのかもしれない。

 

自分にとっては

 

他人を責める前に、自分で出来ることはないか考えてみよう

 

と教訓として活かそうと思う。

 

 

匿名で仄暗い主張を残したことは情けないが

 

誰も見に来ない独り言日記なので良しとする。