お疲れサーマント

黄巾族さん向けに書いています

一月十四日

 私はイルカの声が鳴る目覚まし時計を持っている。大学の友人から貰ったものだが(何故かお金は徴収された)、以前使ってあまりに寝ざめの悪い朝を経験したために、倉庫にしまっておいたのだ。イルカの超音波が再現されているのか、何なのか。恐らく脳に多大な影響を及ぼしているに違いない。見ていた夢が海に関連した夢に塗り替えられていく感覚が恐ろしくて目を覚ます。そして鳴りやまないイルカの声がずんずんと音量を増していって、精神的な不安の臨界点に達した瞬間にガバと布団を蹴り上げて起きるのである。三日試して三日とも同じ起き方をしたので間違いがない。ノイローゼになってしまう。これじゃあ、明日の朝に目覚ましを止めるまで寝られない!と、倉庫へ仕舞い、厳重な封印を施したのであった。

 

 しかし、早起きの習慣を身に付けるために、イルカ時計ほどうってつけのものはない。朝六時半にアラームをセットして、期待と緊張、大分のトラウマを胸に眠りに就いたのであった。

 

 手短に言うと、早起きに失敗した。厄介な青色の目覚まし時計が床に投げ出されていたことから、一度は目を覚ましたことが伺える。なんとなく記憶の断片を繋ぎ合わせると、以下のような夢を見ていたに違いない。

 

 「私は切ない通勤者の背中を見届けるために、早起きする決心に燃えている!結果として、健康に繋がれば一石二鳥である!」私は昨日の日記の通り、斜に構えた決心で起きる準備があった。しかし夢の中は不自由なもので、意識がはっきりしていても外界に飛び出す手段は持たないことが多い。つまり明晰夢である。陰影を伴った夕焼けの、不安なグラデーションで満たされたような奇妙な空間で、ぼけーと朝が来るのを待っていた。やがて、グラデーションの暗さが取れてきたことで、直観的に朝が来たのを感じた。もう少しで起きられると確信した瞬間に、天使と悪魔が囁いた。

 

悪魔「辛い出勤に苦しむ会社員のとぼとぼした行進は見ものだ!さっさと起きて見に行こう!」

 

天使「人の努力を笑うものではありません。しかし起きるべきです」

 

 こういう指図を受けると、やる気が無くなる。せっかくやろうと思っていたのに。布団のぬくもりが幽かに感覚化してくる、意識の浮上が始まる。まだ寝ていたい気持ちがよぎる。イルカの目覚まし時計が鳴る。「キュエー!キュエー! ザバーンザザー」「キュエー!キュエー!」

 

 天使も悪魔もイルカも起きろと催促してくる。だんだんとイルカの声が大きくなってくる。波の音が近づいて、潮の匂いを感じる。イルカの声が立体交差的に夢の中を駆け回ると、既に辺りは海になっていて、高度3000mから水面に放りだされる!

 

 と思った瞬間に脚は布団を蹴り上げて、這う這うの体で時計の息の根を止めた。朝から脳に相当のダメージを負ったので、そのままもう一度眠りに就いたのだと思われる。